年収およそ400万円、まだまだ見込めます!

*

開業3年、お金の話

 さて、これまで本サイトを読み進めてくださった皆さんにとって、一番気になるのは
やはり「収入的にはどんな感じなの?」ということだと思います。
社会保険労務士として開業した場合、実はこの3年目というのがひとつのターニングポイントとして考えられていて、3年目で廃業する人と3年目以降も続く人が大きく分かれるんだそうです。

売上
 私の場合ですが、社会保険労務士開業3年目の年収はおよそ400万円ほど。
これが順調なのかそうでないのかは定かではありませんが、主婦業をこなしながらの収入という点を考慮すれば、個人的には大満足な数字です。
今後はもう少し、生活における仕事の比率を増やしていけらた、と思っています。
あくまで主婦というポジションを保ちつつ、のんびり自分のペースで色々と学んでいけたら良いなと考えています。
しかしながら、もしも私が男性で、一家の主だったとしたら、この収入では今後も社会保険労務士として続けていくか悩んでしまうと思います。
「絶対に稼がなければならない」「家族を養わなければならない」というプレッシャーのない主婦だからこそ、好きな仕事を続けられるのかもしれませんね。

 ちなみに、社会保険労務士の平均年収としては、およそ500万円が標準的であるといわれています。ですが、実際にはこの500万円というのはあまり気にすることはありません。
なぜかといえば、社会保険労務士として開業している人の中には、様々な立場の人間がいるから。しっかりバリバリやりたい方がいる一方で、私のようにさほど収入にこだわらない主婦もいます。それぞれの人間がそれぞれの考え方で仕事をしている状況において、その平均値を算出したところであまり意味のないことなのではないでしょうか?

 社会保険労務士の年収については、平均的な数値よりも、自分の理想と比較してどうなのかに注目した方が良いかもしれません。
理想とかけ離れていれば今後は考えれば良いし、まずまず順調と感じられれば続けていけば良いだけのお話です。



開業3年、お金の話関連ページ

手探りから始める実務経験
 社会保険労務士開業からおよそ半年が経過した頃、ようやく地道な営業活動が功を奏し始め、ポツポツお問い合わせが入 […]
初めての営業活動
 社会保険労務士開業当初の営業活動については、今思い出しても少々ほろ苦く思える経験です。何せ、実務未経験者が体 […]
自宅開業の実際
 社会保険労務士として開業登録をする際、事務所住所を決めておかなければならないのですが、私は何の疑いもなく自宅 […]
「金なし、コネなし、経験なし」、さてどうする?
 受験体験記についてはカテゴリ2でご紹介することにして、早速、社会保険労務士開業についてのお話をしていくことに […]