通信教育が選ばれる理由

*

通信教育が選ばれる理由

 社会保険労務士試験合格のカギは、まさしく「何を使って勉強するか」にあると言っても過言ではないでしょう。
特に、社会保険労務士のような国家試験の場合、多くの受験生が仕事をしながら挑戦することになります。限られた時間の中で効率良く試験突破を目指す上では、やはり効率の良い学習法というのは必要不可欠です。

 予備校、通信教育、独学・・・。それぞれの学習方法にメリット・デメリットがあり、個々に応じて何がやりやすいと感じられるかは異なるかもしれませんが、これから受験される皆さんに個人的にオススメしたいのが「通信教育」です。

 「通信教育」というと、ひょっとしたら「社会保険労務士試験のような難しい資格には不向きだよ」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
「家で勉強するよりも、ちゃんと予備校に通ってさ・・・」と。

ここで、ちょっと反論させてくださいね。

資格受験生には、総じて“予備校至上主義”な方が多いのですが、これは全く誤った考え方であると思います。
毎日忙しく過ごす社会人にとって、時間は最も貴重です。
勉強するにしても、やはり時間的余裕がなければ進みませんし、落ち着いて取り組むことも出来なくなります。

具体的に、イメージしてみてください。
今の生活に、「予備校通学」の時間をどこに組み込めるでしょうか?
それは毎週、コンスタントに設定できる時間でしょうか?

おそらく、一週間、二週間の話ならば可能だとしても、これが半年、もしくはそれ以上になってくると厳しい方がほとんどだと思います。
しかしながら、社会保険労務士試験の受験対策は長丁場、というのが大前提。
無理して時間を作っていると、ストレスが積み重なって勉強自体がつらくなることもあります。
 また、予備校に通うことで安心しきってしまい、講義を受けるだけで必要なインプット、アウトプットをおろそかにしてしまうケースというのも目立ちます。
これでは自信ばかり過剰になって、肝心な合格力が身につきませんね。

 社会保険労務士試験に合格するためは、「無理をしない」「限られた時間を有効活用できる勉強法」が重要になります。
そしてこれらを踏まえると、「通信教育」が非常に理に叶った学習ツールであることがはっきりと分かるのです。

 通信教育ならば、どこかに通う必要はなく、環境さえ整えば自宅、ランチタイム、休憩時間、通勤時間のすべてを受験勉強に充てることが出来るようになります。
また、最近ではクオリティが格段に向上しており、予備校さながらの講義がDVDやCDに収録されて提供されている教材も珍しくありません。加えて、質問応対などの学習サポートも大変充実してきています。
今の生活に受験勉強を無理なく追加することが出来る、自宅に居ながらにしてプロの指導を受けられるなど、社会人にとってはメリットたっぷりの学習法であると言えると思います。

 「時間もないし、受験は無理だな」と諦める前に、通信教育で“実現可能な学習法”を探されてみてはいかがでしょうか?



通信教育が選ばれる理由関連ページ

主婦の資格受験は「公言しない」が得策!
ところで、お子さんがいらっしゃる主婦の方で社会保険労務士資格の取得を目指される皆さんは、ママ友に受験勉強のこと […]
直前期となる「夏の過ごし方」が合否を大きく左右する
毎年8月下旬に行われる社会保険労務士試験。当然、最も重要な試験直前期が8月となるわけですが、主婦で社労士を目指 […]
時間がない、モチベーションが続かない・・・主婦特有の挫折例を検証!
社会保険労務士以外の資格でも『”主婦”が資格を取得すること』については、一般的にはどうも見下される傾向です。 […]
推薦!合格のための通信教育ランキング
 「社会保険労務士試験には通信教育がオススメ!」とお話ししましたが、今回は皆さんを合格に導く講座をランキングで […]
社会保険労務士試験の受験者とは?
 前ページでも触れましたが、異業種からの社会保険労務士試験挑戦に先立って気になるのが「経験値のなさ」となること […]
「試験を突破すること」の意義
 社会保険労務士として仕事をしていく上で、「試験合格」というのは当然、避けて通れない道であると言えます。 しか […]
意外と重要!受験アレルギーにならないための学習ツール選び
 前ページで「社会保険労務士試験攻略のコツ」をしっかりと心得た上で、今回は「初学者でも無理なく学べる学習ツール […]
“法律知識なし”から難関国家資格に合格するコツ
 ここからは、具体的に法律の勉強をしたことのない主婦が社会保険労務士試験に合格するためのポイントをご紹介してま […]
年間受験勉強スケジュール 主婦バージョン
 さぁ、ここからは話題を変えて、主婦の社会保険労務士試験受験体験談についてレポートしていきたいと思います。 社 […]