不安はあれど、目の前の仕事を一つひとつ確実に

*

手探りから始める実務経験

 社会保険労務士開業からおよそ半年が経過した頃、ようやく地道な営業活動が功を奏し始め、ポツポツお問い合わせが入るようになりました。
私の場合もそうですが、他の方に聞いてみても、「社会保険労務士開業半年」というのは、期間的に見て初仕事を受注するタイミングのひとつの目安となっているようです。
もちろん個人差はありますが、だいたい6ヶ月程の期間は焦らず、じっくり営業活動に集中する必要があると言えるのかもしれません。

営業
 私が社会保険労務士として開業して、最初の仕事は「就業規則の整備」でした。
既存の就業規則はあるものの、作成してからかなり期間が経過していてどうやら一度見直す必要がありそうだ、とのことで、会社の現状を鑑みながら就業規則のチェックをさせて頂けることになったのです。

 如何せん、社会保険労務士として開業しているとはいえ、実務経験ゼロの私。
「就業規則をイチから作る」といったご依頼よりは若干気が楽ではありましたが、それでも内心ドキドキです。
初仕事は、自分なりに調べたり、支部の研修などで知り合った先輩方にサポートしてもらったりしながら、何とかやり遂げたという印象。先方と何度も話し合いを重ね、ご要望に沿う形をあれこれ模索し、ようやく改訂版就業規則が完成しました。

 初心者から社会保険労務士開業をする場合、どんな仕事をお引き受けする際にも常に
冷や汗ものです。
しかしながら、自分なりにあれこれやっていくうちに、それが経験値となるんですよね。
最初こそ不安でいっぱいですが、いつしか知らぬ間に自信を持ってお客様に接している自分がいます。
不安な中でも、一つひとつを丁寧に、確実に。
この積み重ねで、実務経験不足はクリアできるのではないかな、と思うんです。
今はそこそこ実務経験を積ませて頂いていますが、今後もそういった初心は忘れずにいたいですね。


前のページ:初めての営業活動
次のページ:開業3年、お金の話

手探りから始める実務経験関連ページ

開業3年、お金の話
 さて、これまで本サイトを読み進めてくださった皆さんにとって、一番気になるのは やはり「収入的にはどんな感じな […]
初めての営業活動
 社会保険労務士開業当初の営業活動については、今思い出しても少々ほろ苦く思える経験です。何せ、実務未経験者が体 […]
自宅開業の実際
 社会保険労務士として開業登録をする際、事務所住所を決めておかなければならないのですが、私は何の疑いもなく自宅 […]
「金なし、コネなし、経験なし」、さてどうする?
 受験体験記についてはカテゴリ2でご紹介することにして、早速、社会保険労務士開業についてのお話をしていくことに […]