「数打てば当たる」ではなく、あくまで「戦略的に」

*

初めての営業活動

 社会保険労務士開業当初の営業活動については、今思い出しても少々ほろ苦く思える経験です。何せ、実務未経験者が体当たりで挑む勝負ですから、困難は必至。
日々、あれこれ試行錯誤を重ねていたことを思い出します。

 社会保険労務士として開業してすぐやってみたのは、「身近な人に開業したことをお知らせする」ことでした。
これはただ単純にご挨拶の意味合いが大きかったのですが、一方で社会保険労務士の仕事を紹介するという営業活動も兼ねていました。

手紙
当初の仕事はまず身の回りから、というスタンスだったのです。
結果的に、このご挨拶の時点で年金についてのご相談をいくつか頂く機会に恵まれ、やはりこの営業方法は間違いではなかったなと確信することが出来ました。

 また、実際に経営者の元に足を運んでの営業活動は欠かせませんでした。
「些細なご縁からお知り合いになった方に直接、お役に立てることはないか伺う」、
社会保険労務士開業当初から今日に至るまで、私の基本的な営業スタイルはこのやり方です。
よく、「開業当初はとりあえずポスティングした」という方がいらっしゃいますが、この方法では皆さん苦戦されるようです。
ニーズのないところに仕事はありませんから、どんなに頑張ってチラシ配りをしたとしても、結局はムダになるケースがほとんど。これではとても効率が悪いですね。
また、「ホームページに力を入れる」という方もいらっしゃいますが、これもサイトをかなり作りこまないと集客にはつながりません。ホームページ営業にはかなりのノウハウを要しますし、かといって外部委託するにしても結構な価格になります。
潤沢な資金があるのであれば良いですが、そうでなければなかなか高いハードルです。

 開業社会保険労務士の営業スタイルは十人十色。「これなら確実」というやり方はありません。実際、皆さんに話を伺っても本当に人それぞれですから、ここでご紹介したことを参考に、自分なりのやり方を確立されてみるのが良いでしょう。


前のページ:自宅開業の実際
次のページ:手探りから始める実務経験

初めての営業活動関連ページ

開業3年、お金の話
 さて、これまで本サイトを読み進めてくださった皆さんにとって、一番気になるのは やはり「収入的にはどんな感じな […]
手探りから始める実務経験
 社会保険労務士開業からおよそ半年が経過した頃、ようやく地道な営業活動が功を奏し始め、ポツポツお問い合わせが入 […]
自宅開業の実際
 社会保険労務士として開業登録をする際、事務所住所を決めておかなければならないのですが、私は何の疑いもなく自宅 […]
「金なし、コネなし、経験なし」、さてどうする?
 受験体験記についてはカテゴリ2でご紹介することにして、早速、社会保険労務士開業についてのお話をしていくことに […]