主婦だから、ど~んと出来ることもある

*

主婦だから、ど~んと出来ることもある

 このサイトは、“金なし・コネなし・経験なし”のごくフツーの主婦がある日突然思い立ち、社会保険労務士試験挑戦、開業してしまったノンフィクションストーリーです。


社労士

これから社会保険労務士試験に挑戦し、ゆくゆくは開業を目指している方、もしくは
何かやりたいんだけどイマイチ「コレ」というものに出逢えていない方にはぜひご一読いただきたい情報満載。きっとアナタの励みになると思います。

 さて、それにしても「主婦で未経験で社会保険労務士開業」
今振り返ってみても、我ながらなんて無謀な挑戦なんでしょう、としか言い様がありません。資格取得の段階からのスタートでしたから、文字通り「ゼロからのチャレンジ」です。
開業から3年が経過した現在では何とか事務所運営も軌道に乗り、そこそこ社会のお役に立てているかな、といった状態です。
何事も、始めてしまえば何とかなるものですね。

 ところで、大人になってから何かに挑戦するって、かなり勇気のいることだと思います。
特に、家庭を持ってしまうと自分の夢よりもまずは家族の安定が第一になるため、「何か新しいことをやってみよう」という気持ちすら忘れてしまうような気がします。

 
 ですが、本当にそれで自分の人生に満足できますか?
 本当はやりたいことがあるのに我慢するって、
 実は自分に対しても家族に対しても不誠実だったりしませんか?


 私自身、主婦の立場で長年生活してきましたが、やはり常々思うのが
「我慢しながら生活するのは良くない」ということです。
自分の気持ちを押し殺していると、自然と暗い気持ちになりますし、そういった精神状態では家族に対して明るく接することは出来ません。
ある日、そんな私を見かねた夫が「何か我慢していることがあるなら、やってみなよ」と背中を押してくれました。
「家族のために夢を諦めるなんて、こちらも悲しいよ」と。
そこから、社会保険労務士開業への夢がぐんと開けたのです。

幸い、主婦の私には自分を、そして家族を養ってくれる夫がいます。
自分ひとりだったら出来ないことにも、思い切って挑戦しやすい環境がありました。
これは、本当にありがたいことです。
よく、「主婦なんて、もう何も出来ないよね」という方がいらっしゃいますが、主婦という立場だからこそ、実現に向けて歩めることもあります。
家族のために美味しいご飯を作りながら、お家をピカピカに掃除しながら、同時に自分の生き方も考えてみませんか?
私の社会保険労務士開業体験が、ひとりでも多くの女性の勇気になれば、と願ってやみません。

>>次のページ:「金なし、コネなし、経験なし」、さてどうする?